「美を受けとる心の..」

美は授かるものとつよく信じてるの美を受けとる心のお皿はねかなしみのお皿なのねとまるで痛みのようにたしかに感じてるのPhoto byTim MarshallonUnsplash
うたこころ

「花びら一枚 20/2/2」

すぐ忘れるの すぐ忘れるのね 私はひとりに寄り添いたいの ちっちゃいことに心寄せたいの 放っておけと そんなひとりに ちっちゃいことに 魂で寄り添いたいの 命(いのち)を使いたいの どうでもいいと かかわるなと ...

「ありがとう」

はやぶさ2が地球帰還フェーズに入りました小惑星リュウグウから受け取ったメッセージを私たち地球に届けるためモチベーションはありがとうかしら..小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu出発について私は..どこにも到達していないけれどなにも...
うたこころ

股関節の痛みが..

このところ 左股関節の痛みがひどくて まともに歩けなかったのだけれど.. 今朝ね 股関節の痛みを感じない 歩き方に気が付いたの!! 足を内股気味に前に出すとね 股関節の痛みを感じないのよ!!! 内股♪内...
うたこころ

「無題」

ひかれあう たましいはちかづくほどにさみしくなるのねPhoto by Bee on Unsplash追記)木漏れ日のひかり照らされに..
書く

「私が書く理由..」

抱いた想いを その言葉を..美を 授かったことに うけとりました と 応えてるの うけとりました と 感謝のこころを かたちにして 祈りにして 授けてくれた 大きな存在に伝えたいの Photo by Ál...
うたこころ

「頑張れ」

空を見上げて 近い空の下 あなたを感じて 空をみつめて Photo by Jeremy Bishop on Unsplash 言葉
うたこころ

「花びら一枚」

ひとりを想い あなたを想って 僕の全力を 魂のすべてを Photo by Jerry Wang on Unsplash 宝物
うたこころ

祈るひと

『PRAYER』 Photo by James Coleman on Unsplash 祈り
うたこころ

「天使」

天使はなんでも 知っています 名乗らずとも ぼくの名前を知っていた 天使もノドが かわきます ペットボトルを片手に あらわれました 遅い昼食 ぼくのみた天使 Photo by James Coleman ...
うたこころ

「祈り」

あなたを おもう おもい このままに 僕も 祈ろう あなたの幸せ Photo by Nicole Pearce on Unsplash 祈り
うたこころ

「泉」

みずをたたえて ときをまつ

田中澄江さんの本

八十八歳を超えて二月(ふたつき)にいちどは山を歩いていらっしゃった人です

本好きでね

私 本が好きでね 何年も前にね 本を歩いて買い集めてたことがあるの この人好き読みたいと思ったら その人の著作を古本屋さんハシゴして集めてたわ 千葉敦子さんの本も集めました 本はけっこうあってね ...
映画

『人生はローリングストーン』を観た

映画『人生はローリングストーン』を観た感想です。
うたこころ

最高のパジャマ

私の最高のパジャマはね..というお話です。
うたこころ

夏の飲み物

私の夏の飲み物はコカコーラゼロというお話です。
映画

『奇跡がくれた数式』を観た

天才数学者、インド人、ラマヌジャンの実話映画を観た感想です。
うたこころ

「でてこい」

私ね、子供の頃からね、スッゴイ人を見つけるとほんと嬉しくてね。
うたこころ

再起動の手順

再起動するには、一度電源を切る必要があるのね。
うたこころ

「暗闇の長さは..」

「夜の長さは、明かりを楽しむ時間でもある」。私も考えたわ。「暗闇の長さは、光を育てる時間でもある」。
うたこころ

「会津八一の好む歌」

歌人会津八一の好む歌とは、「己が歌あるのみ」。
映画

バンブルビー(丸花蜂色)

映画「バンブルビー」を観た感想です。
うたこころ

詩「明るいけど鈍感な状態より断然良いわ」

悲しい気持ちに心が安らぐ.. 孤独感にさえ心が落ち着く.. それは..ないけどね (私だって辛いよ) でも、そういうときって 感じやすくてとても好きな状態なの (沈み過ぎなければ..ね) 明るいけ...
うたこころ

詩「花びら一枚..小さなこと」

すぐ忘れるのいろんなこと考えてるつもりになるとすぐ忘れるの私が生を実感できるのは小さなことに全力を注ぐとき小さなことに魂を込めるとき小ちゃなことに命を賭けるのPhoto by Jerry Wang on Unsplash
うたこころ

詩「開くって怖くもあるの」

あのね 少しずつ集中力を取り戻していって 無感動の閉じた状態から 感性が開いてゆく過程って 彫刻に似てると思うの 少しずつ少しずつ はっきりとしたカタチが現れてくる という感じかしら 開いて...
書く

詩「伝えたいひと..私自身」

私が書く理由 伝えたいひとがいるから . 今の私はね 他ならぬ私自身に伝えたいの . 今の私自身に またまた沈んでしまった未来の私自身に . 同じことを 繰り返し繰り返し ...

「授かるもの..それから」

私自身がつくったものから 教わってるの 美は 私が創ったものではないから 美は 授かるものだから 私は受け取っただけなの それでね つくってから理解するの そういうことだったのねって Photo by Tim Ma...
集中

詩「心地よい集中..でもね」

心深く潜って集中するって 楽しいね 普段のお仕事はお客様相手なので 心深く潜って..そういう集中はできないの 外に向かって周囲に集中する感じかしら 人と関わることが苦手な私 反動かしらね 内に深く...

「美ってなにかしら?」

私ね美は真実美は感情とおもうの美は創るものではなくて大きな存在から授けられるものそのことへの感謝の感情祈りの感情とおもってるのPhoto byTim MarshallonUnsplash

「完璧主義ドコロカ光主義」

この辺で..って嫌いなの 妥協?イヤなの 完璧主義はダメ? 知らないわよ 完璧主義どころか 完璧なんて壁 越えるのよ 徹底的にやるの 私にはもう無理ってところ越えて 泣きながらやるの 魂が光なら 掘って掘って 光が...
うたこころ

鬼灯(ほおずき)市..東京盆

ほおずき市の季節ですね 我が家でも毎年ひと鉢お迎えしています 最終日の昨夜終わり間際に行ってきました 最終日の終わり間際になるとね 五百円引いてくれて 二千五百円を二千円にしてくれるのね そうおもって夜...
書く

詩「私が書く理由..伝えたいひと」

思い出したわ 私が書く理由 伝えたいひとがいるから 伝えたいひと 伝えたいおもい 頭をひねって書こうなんて 間違ってたわ . Photo byJohn JenningsonUnsplash
うたこころ

詩「鬱うつ来た過ぎた」

うつうつ来たときは ジタバタしないの うつうつ過ぎたとき 状態のよい私が立ち上がること 知ってるから . Photo byFrancis NieonUnsplash

詩「父の大福ひとり飯」

「お前も食べろ」父は大福をさしだすの「ひとりで食べてもおいしくないんだ」私は心底驚いたわ父の血を継いでるはずだけど.."ひとり飯最高!o(≧▽≦)o "の私なのphoto credit: necopunch Homemade Japane...
集中

詩「集中力を生む簡単な方法」

「清潔にすることが集中力を生む」 誰の言葉だったかしら ほんとね 不潔にしてるわけではないのよ(⌒-⌒; ) ゴミ箱のゴミを捨てるだけ 埃を拭き取るだけ それだけで気持ちが違うわ . Pho...
うたこころ

詩「ネギ納豆⇒卵かけご飯」

刻んだネギのはいった納豆と 刻んだネギのはいってない納豆 別物よね 幸せと孤独くらい違うわ さらにね 刻んだネギのはいった納豆にね 生卵一個いれてご飯にかけるとね 深みのある卵かけご飯になるの ...
うたこころ

詩「メンタル起き上がる瞬間」

私のね 沈んでしまった 私のね メンタルね "あ〜ちくしょうっ(c" ತ,_ತ)" これでたらね 起き上がるの . Photo byMishal IbrahimonUnsplash
うたこころ

詩「みつかったかにゃ」

にゃんにゃ? にゃ〜 にゃ . Photo byKari SheaonUnsplash
うたこころ

詩「令和蓮夏」

ハスのおおきな葉っぱがね 今年も夏来たよって 令和の夏だよって 私 んん.. . Photo by阿江onUnsplash
書く

詩「私を励ます私の言葉」

私自身の言葉に励まされてるの 状態のよい私のときに 沈んでしまった私のために ( 必ずくるのよ..) 言葉を残しておくの 沈んだ私のときの言葉に 救われることもあるの 言葉を残しておくって ...
書く

詩「纏」

頭をひねるより 心をこめましょ . Photo byJohn JenningsonUnsplash
うたこころ

詩「心身一体ノ目覚め」

心と身体は一体なのね 心を見失った身体は おろおろと 心を求めて動きだすの やれやれ こういう目覚めもある . Photo byPawel NolbertonUnsplash

「私を駆り立てるもの..ひとつだけ」

私を駆り立てるもの? ひとつしかないよ 美 美しさって人それぞれでしょ 客観的な美しさなんてないとおもってて 共感はあるだけ 魂のところまでもぐっていって 超越するなにかに触れたとき 共感できる美が生まれる そう感じ...

詩「古典を読む理由..こころを整えて」

たまらなく古典を読みたくなるのたまらなく..こころの逃避?ううん..こころを整えてるのこころを整えてどうする?こころに幻を描きたいのPhoto byJohn-Mark SmithonUnsplash
うたこころ

詩「小さな子と大きなゴミ箱」

おおきなゴミ箱と おなじくらいの小さな子がね お母さんに手をひかれて おおきなゴミ箱の横をとおりかかって 手ににぎったゴミをポイって でも ゴミは手についたままでね あーって顔でわたしをみるから ...

詩「最愛ペースメーカー」

父の心臓にペースメーカーがつきました父の心臓は常に一定数の鼓動を打つ💓ドキドキしたとき鼓動が速くならないのかな胸の高まりとかないのかな安定はなによりと父は言います💓私のこころの荒波を鎮めてくれる最愛のひとの...
うたこころ

詩「梅雨寒ポンチョの横顔」

雨の日の自転車 水玉のポンチョ 梅雨の寒い日 ポンチョ脱いで ひとつため息? 横顔も きれいね . Photo byRicky KharawalaonUnsplash
うたこころ

「超越本能魂」

きっと繋がってる 本能(魂)でわかるのね
うたこころ

詩「起伏あるけどまっすぐ」

こころの起伏に富んでるけどまっすぐだよ

詩「幻覚シェイクスピア」

"狂った世の中で狂うなら正気だ" シェイクスピアだったかしら?

詩「幻夢中のいのち」

こころに幻を描いて生きたいの それを夢中というのかしら
うたこころ

詩「朝花光..感謝」

花はそよそよと 光は美しくて
タイトルとURLをコピーしました