「おんなのことば」

『おんなのことば』茨木のり子 詩 童話屋 この小さな本。 もっている本のなかで、最も美しい本の一冊です。 とても大事にしている一冊。 けれど、大事にしすぎてなくすことを繰り返す僕は、いつものようにこの本の所在も見失ってしまいま...

田中澄江さんの本

八十八歳を超えて二月(ふたつき)にいちどは山を歩いていらっしゃった人です

本好きでね

私 本が好きでね 何年も前にね 本を歩いて買い集めてたことがあるの この人好き読みたいと思ったら その人の著作を古本屋さんハシゴして集めてたわ 千葉敦子さんの本も集めました 本はけっこうあってね ...

詩「古典を読む理由..こころを整えて」

たまらなく古典を読みたくなるのたまらなく..こころの逃避?ううん..こころを整えてるのこころを整えてどうする?こころに幻を描きたいのPhoto byJohn-Mark SmithonUnsplash
タイトルとURLをコピーしました