「七回忌 母」

四月は母の七回忌です


「母」

母の遺影は とっても 若い

ぼくより もっと ずっと若い

ぼくとおんなじ目で

いつも ほほえんでくれるんだ

ありがとね。


亡き母は ぼくをよぶとき

けぇ〜ん

けぇ〜んけん

なんど よばれただろう

一匹狼はだめだよ

もったいないよ‥

なんども いわれたね

ごめんね。。



photo credit: o_teuerle decision via photopin (license)


コメント

タイトルとURLをコピーしました